クービック予約システムから予約する

メルマガ/></a></p></p>




<a class=@sendai_shihou からのツイート

ブログ

任意売却

1.任意売却と強制競売

 住宅ローンの返済が滞ると、銀行はご自宅に付けている抵当権を実行して強制的にお金を回収しようとします。これを強制競売といいますが、この場合、裁判所を通さなければならないという煩雑さや最低限度の価格を上回れば落札されてしまうという回収金の低さから、ローンの債務者だけでなく債権者からも敬遠されがちです。
 一方、任意売却では、強制競売が行われる前に不動産所有者(債務者)と銀行(債権者)の間に不動産仲介業者が入って、市場価格で自宅を売却してもらいます。
 通常、強制競売よりも任意売却の方がメリットが大きいと言われております。その詳細を下記にまとめました。

2.任意売却のメリット

 ① 市場価格で売却できるため、強制競売よりも高値が付く可能性が高い。
 ② 強制競売よりも高値で売れるため売却後の残債務も大幅に圧縮できる。
 ③ 売却後の残債務の支払いは、債権者との話し合いで決めることができる。
 ④ 任意売却は強制競売のような一方的な手続きではないので、引越し時期につき買主と調整する余地がある。
 ⑤ 売却の際に発生する諸費用(仲介手数料や抵当権抹消登記費用など)は、売却代金から支払われるため、
   持ち出し資金は発生しない。
 ⑥ 引越費用等を債権者から便宜を図ってもらえる可能性がある。



[投稿者] 司法書士 高橋英之
トップページへ戻る

お問い合わせ